学校、職場、家庭、医療機関の連携

ADHDのお子さんや、大人になってから治療を始めたADHDの方を支え、導いていくうえで、家族や学校・職場、医療機関が連携し、協力しあうことはとても大切です。

保護者の方々を抜きにしてお子さんを支えることはできませんし、学校での様子を詳しく把握できるのは学校関係者の方だけです。 家族の協力を抜きに当事者を支えることはできませんし、職場の理解も必要になってきます。

こうした方々の協力がなくては、主治医は必要な情報を得て適切な治療方針を決めることが困難です。それぞれの情報を共有し、同じ認識をもつことで、どこを改善したらよいのかもみえてきます。

そのためにもぜひ、保護者の方は担任の先生などからお子さんの学校での様子、変化などを定期的に聞く機会をもちましょう。大人のADHDの方は、仕事を進める上で困っていることなどを、身近な人たちとの間で情報共有しましょう。

そしてその情報を、できる限り主治医に伝え、話し合いましょう。また、ご家庭での様子も担任の先生、主治医に伝えるようにすると、情報共有の助けになります。

周囲の人たちが協力しあうことで、ADHDのお子さん、大人のADHDの方にとって、よりよい環境をつくることができます。

学校、職場、家庭、医療機関の連携が大切です

監修:
奈良県立医科大学 医学部 看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
一般社団法人 日本発達障害ネットワーク 理事長 市川 宏伸 先生
名古屋大学 大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人 日本うつ病センター 理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部 専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生
白百合女子大学 発達心理学科 教授 宮本 信也 先生

日常生活チェックリスト 病院検索 プリント

ページのトップへ