適切なサポートを受けることで個性として活かせる可能性も

「うちの子、もしかしたらADHDかもしれない…」「もしそうだとしたら、将来が心配…」
お子さんの日頃の様子から、こうした不安を抱く保護者の方もおられるかもしれません。

この動画は、アニメ「ADHDのお子さんの日常」の主人公、
翔太君の10年後をアニメーションにしたものです。
適切なサポートを受けた翔太君の10年後の状況をご覧いただけます。

※こちらでご紹介しているのは架空のストーリーであり、実際に同様の経緯をたどるとは限りません。

監修:こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生

お子さんの行動や将来に
悩み不安をおもちでしたら、

まずは専門家に
相談してみませんか?