アニメ「ADHDのお子さんの日常」

ADHDの主な症状は「不注意」、「多動性」、「衝動性」で、こうした症状が少なくとも 2 つ以上の状況(学校と家庭など)であらわれます。
ADHDの症状に基づく行動は、周りの人から否定的な評価を受けやすく、保護者が「しつけが悪い」などの誤解を受けることも少なくありません
アニメ「ADHDのお子さんの日常」では、ADHDのお子さんの日常を、シーンごとにご紹介します。

ページのトップへ

日常生活チェックリスト 病院検索 プリント