なんで自分はダメなんだろう わかっているのにどうしてできないんだろう
お子さんに関する悩み、もしかしたら
ADHDという病気のせいかもしれません。
その「できない」は、もしかしたらADHDという病気のせいかもしれません。

ADHD(注意欠陥/多動性障害*)という病気をご存じですか?
発達障害のひとつで、集中力が続かない(不注意)、じっとしていられず落ち着きがない(多動性)、思いついたら考える前に実行してしまう(衝動性)といった症状が特徴です。
小さいうちはどのお子さんもこんな行動を取るものですが、通常なら成長とともに周りに合わせてコントロールできるようになることが、ADHDを持つお子さんには難しく、学校や家庭での生活に支障が出てきてしまうのです。
*注意欠如・多動性障害、注意欠如・多動症とも言われています。

小学生の男の子、
翔太くんの場合をみてみましょう。

「正しい理解のために」

監修:こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生

忘れ物ばかりする、授業中にじっとしていられない、ルールを守れない…。ADHDのお子さんのこうした行動は障害によるものであり、しつけが原因となることはありません。理解されず叱られるばかりの毎日は、問題の解決にはつながらないでしょう。ADHDには治療法があります。もしかして、と思ったら、まずはお子さんの日常生活をチェックしてみませんか。

親と子のためのADHDサイト「お子さんのADHD症状チェック」はこちら親と子のためのADHDサイト「お子さんのADHD症状チェック」はこちら
お近くの専門医を探せる病院検索もご利用いただけます。お近くの専門医を探せる病院検索もご利用いただけます。

こちらはADHDと診断を受けた
修くんのご両親と先生のお話です。

「ママは修の応援団長~
ADHDと親子で向き合う」

監修:社会福祉法人毛呂病院 光の家療育センター 施設長 鈴木 郁子先生

1歳のころから何かほかの子と違うと気になっていた修くんのお母さん。3歳児検診で受診を勧められ、自閉症とADHDと診断されたときには、やっぱりと思うと同時に将来が不安だったと話しています。でも、先生のアドバイスを受け治療を続けるうちに、少しずつできることが増え、「なんとか成長していける」と希望を持てるようになりました。
ADHDで苦しむお子さんには適切なサポートや治療が必要です。もしかして、と思ったら、こちらのサイトでチェックしてみましょう。

親と子のためのADHDサイト「お子さんのADHD症状チェック」はこちら親と子のためのADHDサイト「お子さんのADHD症状チェック」はこちら
お近くの専門医を探せる病院検索もご利用いただけます。お近くの専門医を探せる病院検索もご利用いただけます。