何をやっても中途半端

ご紹介の症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

24時間、気持ちに余裕をもって過ごせるようになりました

高橋さん(仮名)の場合 40代(ADHD治療経過 約1年)

40代男性

とにかく落ち着きがなく、何をやっても中途半端であることに悩んでいた高橋さん(仮名・40代)は、ADHDの治療を始めてから職場でも家庭でも気持ちに余裕をもって過ごせるようになりました。
今後は長期的な視点をもって人生を歩んでいきたいと語ります。

落ち着きや集中力のなさは性格だと思っていました

Q.クリニックを受診されたきっかけは?

仕事が激務だったことが原因でうつ病になったと思い、メンタルクリニックを受診することにしました。こちらの病院はカウンセラーに話を聞いてもらった後に受診ができるようになっていて、カウンセリングと診察がうまく連携しています。そういった特色のある病院の方が、治療がスムーズにいくだろうと思いこちらを選びました。

Q.ADHDと診断されるまでの経緯を教えてください

病院では双極性障害と診断され、その治療を続けていたある日、先生から「子どもの頃に落ち着きがないと言われたことがありますか?」と聞かれ、図星だったのでドキッとしました。確かに、子どもの頃から「落ち着きがない」、「もう少し先生の話を聞きましょう」といったことをずっと言われていて、通知表にも同様のことを書かれ続けていました。その傾向が中学、高校、大学と続き、大人になった今もずっと出ているのかもしれません。
落ち着きがないということは物事に集中できないということです。やらなくてはいけないことが100 あっても、そのうち 70、80 しかできないということが子供の頃だけでなく大人になってからもよくあり、悩んでいました。また、ADHDの症状に関するチェックリストで自分に当てはまる項目がとても多かったので、自分でも「ADHDかもしれない」と思うようになり、治療を始めることにしました。

Q.ADHDかもしれないと聞いた時、どのように思いましたか?

「ふーん、そういう病気もあるのか」というのが正直な感想でした。落ち着きのなさや集中力の欠如は人それぞれの癖に近いものだと考えていたので、それが病気だというのが少し意外でした。私自身、落ち着きがないのは性格だと思っており、それが病気だと言われても、完全には納得できないというのが本当のところです。

「集中して仕事ができない人」という烙印を押されました

Q.具体的にどのような症状がありましたか?

ひとつの事に集中できないので物事がすべて中途半端に終わってしまいました。なんでもやりかけのままになり、完結することができないのです。何かをやっていても、すぐに他のことに目移りしてしまうという点も集中力が続かない理由のひとつでした。
仕事でデスクワークの時は長時間座っていられずすぐに出歩きたくなってしまうため、仕事の能率がさっぱりあがりませんでした。そういう面をごまかしながらなんとかやっていましたが、次から次へと課題を与えられていると次第にこなせなくなってきて、何をやっても中途半端で貫徹できないことが露呈するようになりました。そうすると、職場では「集中して仕事ができない人」という烙印を押され、当然ながら会社内での評価が下がりました。
落ち着きがないせいで物事がうまくいかなくなったり失敗したりすると、自分をダメな人間だと思ってしまいます。すると、「何をやってもうまくいかない」というネガティブな感情が連鎖して、しまいには何もやりたくなくなってしまいました。要するに、挑戦する意欲がなくなってしまったのです。

Q.他に生活面で困っていたことはありましたか?

家族に指摘されて初めて気が付いたのですが、テレビのチャンネルを次から次へと変える「ザッピング」のスピードが尋常でないほど早く、これも落ち着きのなさの表れだと感じました。その一方で、ひとつのことにのめり込む傾向もあって、パソコンでゲームを始めるといつのまにか時間が過ぎて「えっ、こんな時間!?」と驚くことが頻繁にありました。落ち着きはないけれど、集中するときは集中するという両面があったせいで、一見するとバランスが取れた人に見え、ADHDであることがわかりにくくなっていたのだと思います。

心に余裕が持てるようになってからは仕事の効率も評価も上がりました

Q.治療を始めてどのような変化がありましたか?

治療を始める前は人の話を最後まで聞くことが苦手でしたが、治療を始めてからは人の話を聞けるようになりました。心に余裕ができたのだと思います。
落ち着きのなさもだいぶ変わってきました。以前は間をおいて話すことが嫌でたまらなかったのですが、今は間を取りながらゆっくりと話すことが苦にならなくなりました。テレビのザッピングもなくなりました。心身ともに落ち着いている証拠だと感じています。
物事を完結できないために仕事の能率が上がらないという点も改善してきました。たとえば、ひとつのことを終えてから次に進むことができるようになり、物事を順序だててこなせるようになりました。会社でも評価が徐々に上がり良い方向に進んでいると感じます。

Q.気持ちの面ではどのような変化がありましたか?

治療を始める前は、今自分が持っている興味を一刻も早く満たしたいという願望がかなり強かったのですが、治療後はそれがおさまりました。
また以前は、朝出かける時に「あれがない、これがない」、「わー、もうでかけなきゃ」という感じで常に焦っていましたが、今では朝の忙しい時間にも落ち着いて対処できるようになりました。
ADHDの治療を始めてから、24時間余裕をもって過ごせている気がします。仕事はもちろん忙しいのですが、その中でも自分を見失わずに過ごせています。

Q.周囲の方の反応はどうでしたか?

同級生に「この頃、お前にしては随分落ち着いている」と何度か言われました。家族にも、「前に比べたら落ち着いたね」と言われています。

Q.もし子供の頃にADHDと診断されていたら?

子どもの頃は落ち着きがないせいで授業中に座っておられず、授業をきちんと聴くことができませんでした。今思うと、ADHDの症状だったのでしょう。
子どもの頃に自分がADHDであると知っていたら、もう少し違った人生を歩めたかもしれないですね。
何をするにせよ、落ち着いていられれば決断を誤ることもないでしょう。人間は焦りや緊張があると 100%の実力を発揮できませんが、気持ちが落ち着いていれば過度の焦りや緊張がなくなるので集中力が高まり、勉強や部活動がもっとうまくいったかもしれません。

監修:
虎の門山下医院 代表 山下 喜弘 先生

まずはチェック!チェックリスト 病院検索 プリント

まずはチェック!チェックリスト

ページのトップへ