< 生活について >
日常生活でのヒント

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、
一定期間取り組んでみましょう!

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、一定期間取り組んでみましょう!

なかなか片付けられない人

完璧を目指すと、目標がなかなか達成できず、だんだんつらくなってしまいます。完璧主義はやめて、苦手な家事は家族に任せ、得意な家事はがんばるというふうに気持ちを切り替えましょう。どうしてもできないことを家族に任せるのは、悪いことではありません。休憩しながら、できることから手をつけていくようにするとよいでしょう。

完璧を目指さず、できることから手をつけてみましょう

うまくいかないときは

  • 終わったら○○しよう!と自分を励ます
  • イライラ対策に、一人で落ち着く時間をもうける
  • どうしてもできないことは、思い切って手放す

衝動買いしやすい人

衝動買いを防ぐためには、本人以外の誰かが金銭管理に参加することが最も効果的です。家族がお金やカード類を持ち、一緒に買い物に行くことが理想的でしょう。

持ち歩くお金を減らし、買い物をする日を決めましょう

うまくいかないときは

  • 高額の品物は、みつけた日には買わず、帰宅して家族と相談したうえで買うかを決める(クレジットカードは持参しない)
  • 買い物をする際、必ず家族が支払いを行う
  • 欲しい物リストを作り、買えるかどうかを定期的に家族と話し合う

監修:
奈良県立医科大学看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
東京医科歯科大学 精神科 非常勤講師 市川 宏伸 先生
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
鳥取大学 地域学部地域教育学科 教授 小枝 達也 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長
齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人 日本うつ病センター(JDC)理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生
国立大学法人 筑波大学 副学長 宮本 信也 先生

職場・学校でのヒント

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、
一定期間取り組んでみましょう!

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、一定期間取り組んでみましょう!

用事を先送りにしてしまいがちな人

複数の作業や仕事がある場合に、どの作業もこなそうと思うと、どれも中途半端になってしまいます。 あれもこれもと無理をせずに、1つひとつ仕上げていきましょう。目先のことに気を取られやすい人は、作業の同時進行を避けるようにしてみましょう。

作業を小分けにし、1つずつこなしてみましょう

うまくいかないときは

  • 作業を小分けにしたあと、優先順位を書き出す
  • 作業内容だけでなく、作業スペースも区切る
  • 予定を整理しすぎず、言われた順に仕上げる

忘れ物が多い人

持ち物や予定を事前に確認しても、忘れ物がなくならないという人は、確認する機会を増やしましょう。
見落としにくい場所や方法を考えて、自分にあった確認法を探します。持ち物をすべて玄関に置くことで、忘れ物を減らすことができたという人もいます。

必要なものは玄関やドアの前などの通り道に置いてみましょう

うまくいかないときは

  • 仕事の始めと終わりに、状況を整理する時間をとる
  • 職場からの持ち出しを減らす
    ( 職場に必要な筆記用具や手帳は置いてくるなど)
  • 忘れたときの対策として、身近な人に予備の書類を渡しておく

監修:
奈良県立医科大学看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
東京医科歯科大学 精神科 非常勤講師 市川 宏伸 先生
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長
齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人 日本うつ病センター(JDC)理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生

人間関係でのヒント

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、
一定期間取り組んでみましょう!

一度にすべてを改善しようとせず、できそうなことから1 ~ 2個選んで、一定期間取り組んでみましょう!

失言が多い人

思いついたことを人に伝えたいと思うのは、悪いことではありません。ただし、内容やタイミングによっては、考えなしに発言しているように受け取られ、ひんしゅくをかうこともあります。まずは思いついたことをメモにとり、内容を見直す機会をもうけましょう。

頭に浮かんだことをメモにとりましょう

うまくいかないときは

  • 発言以外の原因も考える( 仕草を見直すなど)
  • 10秒数えて、考え直してから発言する
  • 会議などの場合は、事前に発言内容をある程度決めておく
  • 発言する前に手を挙げて、「ちょっといいですか」など一言付け加える

約束や期日が守れない人

締め切りを守るためには、予定を具体化する方法が有効です。具体化した予定を周囲の人とも共有できれば、さらに効果的でしょう。

スケジュールをわかりやすい表にし、人目につく所に貼ってみましょう
キッチンタイマーなどでアラームをかけるようにしましょう

うまくいかないときは

  • スケジュールには自分で思っている以上の余裕をもたせる
  • 用事を安請け合いせず、周囲に相談してから返事をする
  • メモやメールで予定を記録、管理する

監修:
奈良県立医科大学看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
東京医科歯科大学 精神科 非常勤講師 市川 宏伸 先生
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長
齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人 日本うつ病センター(JDC)理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生