ADHDとは?

大人のADHDといっても、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3つの症状に、子どもの頃からずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。

ADHDの症状の変化

多動性

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

落ち着いて座っていることが難しい

貧乏ゆすりなど、目的のない動き

遊びやレジャー活動におとなしく参加することが難しい

落ち着かない感じ

衝動性

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう

思ったことをすぐに口にしてしまう

欲しい物があると激しくダダをこねてしまう

衝動買いをしてしまう

不注意

  • 子どもの症状
  • 大人の症状

勉強などで不注意な間違いをする

仕事などでケアレスミスをする

必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい

忘れ物、なくし物が多い

興味のあることには集中しすぎてしまい切り替えが難しい

時間管理が苦手

課題や活動を順序だてて行うことが難しい

仕事や作業を順序だてて行うことが苦手

特にお困りの症状があれば、この表のような言葉で医師に説明すると伝わりやすいでしょう。

ただ、こうした症状がある人がすべてADHDというわけではありません。ADHDに似た症状を示す障害は他にもあるため、最終的な診断をくだすためには、他の障害や病気ではないことを確認する必要があります。

また、ADHDに他の障害や病気が合併していると、ADHDの症状が見極めにくくなったり、治療効果や将来に影響を及ぼしたりする可能性があるため、合併症の有無も適切に診断する必要があります。

ADHDの治療は、環境調整などの心理社会的治療から始めます。心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

監修:
奈良県立医科大学看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
東京医科歯科大学 精神科 非常勤講師 市川 宏伸 先生
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人日本うつ病センター(JDC)理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生

まずはチェック!チェックリスト 病院検索 プリント

症状・特徴は?

ADHDの症状は、個人によっても違いますし、環境によってもあらわれ方が異なります。ここでは、日常生活の場面ごとにおける、ADHDの症状のあらわれ方の例をご紹介します。

場面ごとのADHDの症状

多動性が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係
チェックリスト

貧乏ゆすりや
机を指先で叩くなどの
くせがやめられない

会議中や仕事中
(授業中や勉強中)に
落ち着かず、
そわそわしてしまう

家事をしているのに、
別のことに
気を取られやすい

おしゃべりに夢中になって
家事を忘れてしまう

おしゃべりを始めると
止まらない

自分のことばかり
しゃべってしまう

衝動性が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係
チェックリスト

会議中(授業中)に
不用意な発言をしてしまう

周りに相談せずに、
独断で重要なことを
決めてしまう

言いたいことを我慢して
イライラする

衝動買いしてしまう

衝動的に、
人を傷つけるような
発言をしてしまう

ささいなことでも
つい怒ってしまう

不注意が原因で起こりやすいこと

  • 職場や学校で
  • 家庭で
  • 人間関係
チェックリスト

会議や仕事
(授業や勉強)に
集中できない

仕事(課題)に必要なもの
を忘れたり、ミスが多い

仕事(課題)の締め切りに
間に合わない

部屋が片付けられない

家事や金銭の
管理が苦手

外出の準備が
いつも間に合わない

約束を忘れてしまう

人の話を集中して聞けない

約束の時間に
いつも間に合わない

大人になってからADHDと診断される人は、こうしたADHDの症状に子どもの頃からずっと悩まされています。多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらずなかなか状況が改善されません。そのため、自分自身を責めたり、本人が怠けている、悪気があってやっている、あるいは親の育て方のせいといった非難や誤解にさらされたり、つらい状況に置かれがちです。

監修:
奈良県立医科大学看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
東京医科歯科大学 精神科 非常勤講師 市川 宏伸 先生
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人日本うつ病センター(JDC)理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生

参考資料「QAD(日常生活のチェックリスト)」:
毎日の生活のどのような場面でADHDの症状からくる困難さが見られるか、朝から就寝までの1日の流れに沿って把握できるようになっています。

PDFをダウンロード