なんで自分はダメなんだろう わかっているのにどうしてできないんだろう
あなたをずっと困らせてきたのは、
もしかしたらADHDが原因かも
しれません。
あなたをずっと困らせてきたのは、もしかしたらADHDが原因かもしれません。

ADHDは、ミスを繰り返したり約束を忘れたりする「不注意」、じっとすることができず落ち着かない「多動性」、思ったことをすぐ口にしてしまう「衝動性」という症状が特徴で、子供の頃からずっと悩まされている人がいます。
そうした症状に悩みながらなんとか工夫してきたものの、状況が改善されず、周りからは努力が足りないと誤解されることがあります。学校や職場でうまく生活できずに困っている人も少なくありません。
もしもあなたがADHDならば、自分を知り、適切に対応することで、状況を改善できるかもしれません。

ADHDを持つこの女性は、生きていくのが精一杯だったと振り返っています。

再現ドラマ「成人期ADHD 当事者 執行泉さんの半生」

【監修】医療法人悠志会 パークサイドこころの発達クリニック 理事長 原田 剛志 先生
※動画出演者への直接のご連絡は、ご遠慮願います。

小さい時から自分の居場所がないと感じ続けていた執行さん。いつも「できないこと」に覆われていて、それを隠すのに必死で、また怒られると思うと誰かに助けを求めることもできませんでした。その苦しさがピークに達したとき、執行さんは現在の主治医と出会いました。「長い間つらかったでしょう」。主治医の言葉に、それまで抱え続けてきた重しがするりと体から離れていったと語っています。
ADHDという特性を知ることで、自分のことが分かるようになり、適切な対応方法が見いだせることがあります。ADHDの症状で生きづらさを感じられている方は、一度症状をチェックしてみませんか。

大人のためのADHDサイト「大人のADHD症状チェック」はこちら大人のためのADHDサイト「大人のADHD症状チェック」はこちら
症状チェック後、ADHDの診断・治療を受けられるお近くの病院を探すこともできます。症状チェック後、ADHDの診断・治療を受けられるお近くの病院を探すこともできます。