ADHD.co.jpADHD(注意欠陥/多動性障害)を十分に理解し、正しく対処していただける情報をお届けいたします。

Lilly

サイトマップ

親と子のためのADHD.co.jp

うちの子に何が?

症状・特徴は?

ADHDの主な症状として「不注意」「多動性」「衝動性」といった症状が少なくとも2つ以上の状況(学校と家庭など)であらわれます。

苦手なこと難しいことは?

不注意、多動性、衝動性といった症状 があるために、ADHDではない子にとっては当たり前のようなことも、苦手であったり難しかったりします。

起こりやすい問題は?

診断のない状態では、本人の努力が足りないという誤解を受けやすく、自分に肯定的なイメージがもてなくなってしまう場合があります。

アニメ
「ADHDのお子さんの日常」

誤解を受けやすいADHD。正しく理解して適切な対応を。より詳しくADHDのことを学べる動画をご用意しました。

どうしたらいいの?

お母さんたちの
ADHD子育て会談

子育てには悩みが尽きないもの。特に ADHDのお子さんのお母さんは、周りのお母さんとはまた違った悩みもあったり。先輩ママの話を聞いてみましょう。

田中康雄先生の
ADHD子育てお悩み相談室

なかなか思う通りにいかないADHDのお子さんの子育て。田中康雄先生からのアドバイスです。

診断をうけるには?

小児・思春期のADHDは小児神経科や児童精神科などの専門の診療科で診断・治療を受けることができます。

どんな解決方法が?

なんで治療するの?

適切なサポートや治療を受け、1日を通して生活の中の困難を理解し、改善していきましょう。

治療の方法

様々なスキルをつけるトレーニングや生活環境の見直し、お薬による治療などがあります。

治療の疑問解消ビデオ

「ADHDって?」「なぜ治療が必要なの?」「治療って何をするの?」動画でわかりやすく解説します。

学校、職場、家庭、
医療機関の連携

本人の努力だけでなく、学校や職場、家庭、医療機関の連携が大切になってきます。

お子さんとの接し方

ADHDの特性を正しく理解して、環境設定を行い、具体的な指示を出すようにしましょう。

関わり方のヒント

ADHDのお子さんに対する家庭での適切な対応方法を解説したビデオです。

うちの子の未来

治療インタビュー

ご両親、担当医師、それぞれの視点から、インタビューを行い、複数の事例をご紹介。治療の開始はお子さんの将来に向けた対応のスタートです。

アニメ「治療後の未来」

治療を続けて10年後はどのようになるのでしょうか。「ADHDのお子さんの日常」の続きです。

その他:PRページ

親と子のためのADHD
情報ページ

お子さんに関する悩み、もしかしたらADHD(注意欠如・多動性)という病気のせいかもしれません。正しい理解のために、2つのCaseをご紹介します。

親と子のためのADHD
(注意欠如・多動性)
情報ページ

お子さんに関する悩み、もしかしたらADHD(注意欠如・多動性)という病気のせいかもしれません。正しい理解のために、親子それぞれの視点で描きます。

大人のためのADHD.co.jp

どんな症状なの?

ADHDとは?

最近では大人になっても継続的に治療が必要なケースがあることや大人になるまで気づかず困難を抱えた方々がいることが分かっています。

マンガで分かるADHD

ADHDの方々の悩み、治療の道、人生模様などをマンガ「ブラックジャックによろしく」でお伝えします。

ADHDの正しい理解のために

日常生活の場面での大人のADHDの症状のあらわれ方の例を動画でご紹介します。

ADHDの正しい理解読本

大人のADHDを正しく理解し、生活改善・対応していく参考となる情報冊子のご紹介です。

ADHD Q&A

就学•進学•就職など、ADHDに関する不安や疑問にQ&&A形式でお答えします。

その原因は?

ADHDの原因は脳内に?

ADHDの症状には、自分の注意や行動をコントロールする脳の偏りが関係していると考えられています。

どんな解決策が?

<診断について>
診断は適切な支援のための第一歩

ADHDの診断は、困っている現状に対して正しいサポートや有効な治療法を支援して行くための第一歩です。

診断を受けるには?

大人になって初めて診断を受けられる場合は、精神神経科あるいは大人もみている小児科で受けることができます。

受診時のお役立ちシート

お医者さんに相談する際、症状を正しく伝えやすいよう、受診時のお役立ちシートをご用意しました。

ADHDと診断されたら

周りの人に協力してもらいながら、少しずつ自分にあったやり方をみつけましょう。

<治療について>
ADHDの治療とは

適切なサポートや治療を受け、1日を通して生活の中の困難を理解し、改善していきましょう。

ADHDの治療方法

大人になって初めて診断をうけて治療を開始した場合、家庭や職場での過ごし方と生活環境の見直しが中心となります。

<生活について>
日常生活でのヒント

大人のADHDの方向けに日常生活の工夫をご紹介。できそうなことから少しずつ、一定期間取り組んでみましょう!

職場・学校でのヒント

大人のADHDの方向けに職場や学校での工夫をご紹介。できそうなことから少しずつ、一定期間取り組んでみましょう!

人間関係でのヒント

大人のADHDの方向けに人間関係における工夫をご紹介。できそうなことから少しずつ、一定期間取り組んでみましょう!

自分をみつめ直す

理想と現実とのギャップを埋めるためには、1日を通して等身大の自分をみつめることが大切です。

<学校関係者や職場の方へ>
学校、職場、家庭、医療機関の連携が大切

本人の努力だけでなく、学校や職場、家庭、医療機関の連携が大切になってきます。

職場や学校での対応

知人や同僚にADHDの特性への理解を求めるのは、現実には難しいことです。状況を見て、お願するようにしましょう。

ご家族の方へ〜
大人のADHDの接し方

1日を通して具体的に悩みを洗い出して家族に伝え、お互いに改善点を探っていきましょう。

治療をした人は?

治療経験者の声

大人になってから実際にADHDと診断され、がんばっている経験者の例をみてみましょう。

治療経験者インタビュー

大人になってからADHDの治療をうけた人たちは、どう受け止め、どう変わっていったのか。治療経験者と担当の先生にお聞きしました。

その他:PRページ

「知」Yourself, ADHD

ADHDには、不注意、多動性、衝動性という3つの症状があり、子どもの頃からずっと悩まされている人がいます。自分を知ることでチカラを発揮しているサポーターたちが応援します!

大人のためのADHD 情報ページ

大人のADHDについて正しくご理解いただくために、一般の方へのインタビュー、当事者の方々が思っていること、専門医からの解説、そして専門医・当事者を交えたクロストークを行いました。

大人のためのADHD
(注意欠如・多動性)情報ページ

あなたをずっと困らせてきたのは、もしかしたらADHDという病気のせいかもしれません。正しい理解のために、本人と周囲の人々それぞれの視点で描きます。

ADHD診療サポート

ADHD診療に関わる医師の方々のための実用的な診療ツール・情報サイトです。

▲ページのトップへ