診断を受けるには?

専門の診療科は小児科や児童精神科

ADHDは小児科や児童精神科などの専門の診療科で診断・治療を受けることができます
こうした診療科は、総合病院や大学病院などにあります。
近くに専門医がみつからない場合は、地域の保健センターや児童相談所、かかりつけの小児科医、総合病院の小児科、発達障害者支援センター、学校の窓口などに相談すれば、専門の医療機関を紹介してくれるでしょう。

初めて受診するときに用意するもの

初めて受診するときには、お子さんの日頃の行動や様子を具体的に記録したメモや書面を持参するようにしましょう。
その際、保護者の方から見た家庭での様子の他に、学校での様子や心配なことなどを担任の先生に記録してもらったものもあるとよいでしょう。
また、母子健康手帳、保育園時や幼稚園時の連絡帳、小学校の通知表やお子さんの自筆によるノートなども参考になります。

診断方法

診察室では、問診や、お子さんの様子を直接観察すること、保護者の方から情報を得ることで診断の参考とします。
ADHD は不注意、多動性、衝動性といった行動の特性であるために、その子が日頃、家や学校でどのように行動しているのかを詳しく知ることが必要となります。本人への問診や、様子を直接観察することで、知能、社会性を評価します。
保護者の方との面談では、日頃のお子さんの行動のほかに、出生歴や発育歴、既往歴、家族歴などについても問診を行います。
家や学校でのお子さんの行動を医師に正しく伝えるため、初診時に持参する記録とは別に、お子さんの行動特性を評価するチェックリストを保護者の方や担任の先生に記入してもらうこともあります。
不注意、多動性、衝動性といった特性は、小さい頃には誰にでもみられるものです。また、一見似たような行動を示す他の障害も存在します。そのため、医師はADHD の診断を時間をかけて行い、慎重に判断します。

監修:
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
白百合女子大学 発達心理学科 教授 宮本 信也 先生

まずはチェック!日常生活チェックリスト

ページのトップへ