なんで治療するの?

治療の重要性と意義(小児・思春期)

「おはよう」から「おやすみ」まで、様々な場面でADHD をもつ子どもたちは日々悩んでいます。
それが積み重なると二次的な障害が生じたり、自尊心の低下などの問題にもつながります。

だから

適切なサポートや治療が必要です。

ADHD 治療の目標

ADHD 治療の目標
  • 学校や家庭での困難の悪循環が好転し、ADHD の症状を自分らしさとして折り合えるようになること
  • それによって、1 日を通して社会全体を改善することができるようになること
  • ADHDの特性である不注意、多動性、衝動性をなくすことだけが治療の目標ではありません。

治療する上での大事なポイント

治療する上での大事なポイント
  • 1日を通じてお子さんの生活の中の困難を理解し、改善していくことが大切
  • 毎日の変化を把握するのは難しいかもしれませんが、少しずつでも「できた!」という達成感を感じる良いサイクルを長期間にわたって続けることで、目指す将来につなげていきましょう。

治療の全体像

評価・診断

一番大切な部分ですので、現在のお子さんの状況(思春期の場合は小さいころのことも)をなるべく詳しく先生に伝えてください。この評価や診断が、その後の全ての基礎となります。

↓

治療の開始

ADHD はその子どもの特性とも捉えることができますが、その特性のために本人や周りの人が困難を感じている場合には、その特性と周囲の環境とのバランスを改善するために治療を行います。 治療は、心理社会的支援・治療からはじめます。

↓

お薬の治療の開始

心理社会的治療の効果や、周囲との状況から判断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

↓

治療の継続

治療の継続によって、日々の生活の中で改善している点を感じることが増えていくでしょう。それは本人のがんばりによる結果ともいえます。 お子さんにあらわれるわずかな変化を見逃さず、ほめるようにしましょう。

↓

治療の再検討

学校や家庭で困っていた状態が好転し、それが十分な期間維持できたら、今後の治療の必要性を再検討します。 お薬の中断は夏休みを利用するなど、タイミングも重要になります。 必ず医師と相談して決めましょう。

↓

目標の達成/治療の終了、経過観察

しばらく様子を見て、本人に自分でがんばれるという自信がつき、周囲と折り合いをつけることができるようであれば、治療は終了となります。 経過を観察するなかで、状況により再び治療が必要になることもあります。 お子さんの成長を見守り、必要なときに必要な支援を受けることが大切です。

監修:
奈良県立医科大学 医学部 看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生
一般社団法人 日本発達障害ネットワーク 理事長 市川 宏伸 先生
名古屋大学 大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野 教授 尾崎 紀夫 先生
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
こころとそだちのクリニック むすびめ 院長 田中 康雄 先生
一般社団法人 日本うつ病センター 理事長 樋口 輝彦 先生
東海大学医学部 専門診療学系精神科学 教授 松本 英夫 先生
久留米大学 医学部 小児科学講座 主任教授 山下 裕史朗 先生

治療の方法

治療には「教育・療育的支援」「お薬による治療」があります。治療の目標は、ADHDの子ども本人が自分の特性を理解し、自分の行動をコントロールできるようになることによって、その子の生きにくさが改善されること、友達に受け入れられ、他の子どもたちのように充実した生活が送れるようになることです。『扱いやすい子』にすることが治療の目的ではないのです。

治療の効果を判断する際には、教室での症状コントロールの効果だけでなく、生活全般を通して、友達との関わりや家族との関係が良好であるかをみることも大切です。

教育・療育的支援

お薬を使わない治療として、子どもの周りの環境を整える(環境調整)、保護者の方が具体的な対処法を学ぶ(ペアレント・トレーニング)、本人が適切な行動を学ぶ(ソーシャルスキル・トレーニング)といった、教育・療育的支援があります。

お薬による治療

小児・思春期におけるADHD治療では、主にアトモキセチンとメチルフェニデートというお薬が使われます。どちらも脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやドパミンの不足を改善する働きがあります。

監修:
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所 愛育相談所 所長 齊藤 万比古 先生
白百合女子大学 発達心理学科 教授 宮本 信也 先生

まずはチェック!日常生活チェックリスト

ページのトップへ