ADHDと向き合う親子の実話ドラマ

ご紹介の症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。

大輔との時間
~ADHDと親子で向き合う~

幼い頃から落ち着きがなく、よく迷子になっていた大輔くん(仮名、7歳)。小学校入学を控え、様々な治療を始めた、実話に基づくドラマです。

監修:
松浦こどもメンタルクリニック
院長 松浦 秀雄先生

まいちゃんとママの向かう星
~ADHDと親子で向き合う~

幼いころから落着きがなく、よく迷子になっていたまいちゃん(仮名、8歳)。ADHDと診断されてから、様々な治療を始めた実話に基づくドラマです。

監修:
児童精神科 発達障害専門クリニック
まな星クリニック
院長 中島 洋子先生

ママは修の応援団長
~ADHDと親子で向き合う~

幼いころから衝動性が強く、友達とトラブルになることが多かった修君(仮名、8歳)。就学前にADHDと診断されてから、様々な治療を始めた実話に基づくドラマです。

監修:
社会福祉法人毛呂病院
光の家療育センター
施設長 鈴木 郁子先生

まずはチェック!日常生活チェックリスト

ページのトップへ