大人のADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用

  • 本チェックリストは、あなたがADHDの症状を持っているかどうかを確かめるためのものです。
  • 医療機関を受診する際に、現在の症状を記録して持っていくと、診察の参考になります。
    本チェックリストは、チェック後、印刷して持参することができますので、あなたの症状の把握にお役立てください。
    空欄のチェックリストをPDF形式でダウンロードして印刷し、手書きで記入することもできます。
    PDFをダウンロード
  • 本チェックリストはパートA、パートBの2部構成となっております。
    パートAの結果は、ご自身でADHD症状の有無を確認するのに役立ちます。
    パートBの結果は、医師にとって役立つ情報となりますので、もし医療機関を受診される可能性がある場合、チェックをしてください。
    (パートBは、ご自身の確認用ではありません)

ご注意

このチェックリストは、お医者さんに相談する際に、症状を的確に伝えるためのシートです。診断結果を表すものではありませんので、印刷をして、受診の際にお役立て下さい。

成人期のADHDの自己記入式症状チェックリスト(ASRS-v1.1)

それぞれの症状がみられる頻度に最も近い回答欄にチェックをつけてください。

パートA

[1 / 6問]
01

物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。

成人期のADHD 自己記入式症状チェックリストは、世界保健機関(WHO)と成人期ADHD 作業グループ(Adler 氏、Kessler 氏、Spencer 氏ら)の協力により作成されました。

Lenard Adler, MD : ニューヨーク大学医学部 精神・神経医学科准教授 レナード・アドラー医学博士

Ronald Kessler, PhD : ハーバード大学医学部 ヘルスケアポリシー部門教授 ロナルド・ケスラー医学博士

Thomas Spencer, MD : ハーバード大学医学部 精神医学科准教授 トーマス・スペンサー医学博士

ADHD-ASRS Screener v1.1 and ADHD-ASRS Symptom Checklist v1.1 are copyrighted by the World Health Organization.

The scale was translated by Toshinobu Takeda, MD, PhD, Ryukoku University.

まずはチェック!チェックリスト

ページのトップへ